audbos K5のレビュー

audbos K5のレビュー

audios K5の見た目がシュッとしていてなかなかイケてるなと思いAmazonで買ってみたのでレビューしてみます。

 

いきなり上から目線でアレですが、中華イヤホンは見た目がイケてないのが多すぎると思うんですが、皆さんはどうですか。私のセンスがおかしいだけなのかもしれませんが!

 

いくら音が良くても、見た目がダサいとなかなか購入に踏み込めないんですよ。

イヤホンはポータブルでの使用が多いわけですし、ある程度ストリートを意識したような意匠にしてはくれないか。そう思うわけです。

SHUREの一番安いやつみたいな、おもちゃっぽいチープな雰囲気でも全然OKだと個人的には思うんですが、中華イヤホンの高いやつって謎にゴージャスでいまいちピンと来ないんですよね。

 

で、今回購入したaudbos K5。めちゃくちゃイケてる!とまでは思いませんが、中華イヤホンにしてはだいぶイケてる気がしています。シンプルで。

シンプルなので、リケーブルしたりイヤーピースの色を変えて自分なりにシャレオツにできそうですしね。

 

箱です。

 

中身です。

 

イヤホンケースです。最近このケースが付属する中華イヤホンをよく見ます。Amazonで1,000円くらいで売ってるイヤホンケースと同じものだと思います。

必要ない人からしたら邪魔でしかないですが、そこそこ丈夫な感じなのでちょっとうれしいです。合皮です。

 

ポケット付きです。予備のイヤーピースとかSDカードとか入れる感じでしょうか。

 

イヤーピースです。シリコンとウレタンです。シリコンのイヤーピースはペラ感が結構ありますが柔らかめの素材なので悪くはなさそうです。オーテクの6個で400円くらいのイヤーピースより少し落ちるくらいの品質。

ウレタンの方は、やや反発力強めでチープな感じはしますが、普通に使えそうなレベル。

 

見た目重視でグレーとかのウレタンのものに交換しようかなと思っています。

 

付属のケーブルです。4芯の銀メッキOCCケーブルということで、そこそこモノは良さそうです。

リケーブルしてもさほど音は変わらなそうだなと思っていますが、いつか買ってしまうんだろうな。。。

ふにゃふにゃしてない硬めのケーブル。タッチノイズの類はほとんどありませんが、少し扱いにくい感じはします。

耳掛けのクセはビニールでつけてるタイプで耳に優しい。

 

フィルターが2種類あります。付け替えると音が変わるっていうギミックです。

もともとついている標準フィルターが左側の黒っぽいフィルターです。説明書を見ると右側の銀色のフィルターは高音強調フィルターということ。フラットな感じのイヤホンですが銀のフィルターにすると確かに高域が強調され、例えばテクノのグリッジノイズなんかアタック感が増し明らかに聞き取りやすくなります。低音の締りも良くなるので電子音楽なんかを聴くにはこっちのほうが良い可能性が。ただ、音場は若干狭くなったように思います。

説明書には、更に高音を楽しみたい人は、フィルターをつけずに聴いてくれ。と書いてあったのでそれも試してみましたが、高音だけじゃなく全体的にブーミーになってしまいこれはさすがにちょっと微妙な感じでした。

黒か銀か、結構迷うところですが、とりあえずは、標準フィルターを使ってみます。

 

ハウジングはアルミニウム-マグネシウム合金。丸みのある加工なので角から塗装が剥がれてブサイクになるような心配は少し減るかなと思います。

ビルドクオリティーはまあまあ。ハウジングが微妙に傷ついていたり、塗装がほんの少し剥がれていたりします。

MMCXでリケーブルが可能です。

ちなみに、色はシルバーの他にグレーもあります。結構迷いましたがシルバーのほうがケーブルやイヤーピースの色の選択肢が広いかなと思い、シルバーにしました。

オフホワイトとか黒とかあったら更に良かったような気がします。

 

フルメタルハウジングですがかなり軽い感じで、プラスティック製とさほど変わらない重さだと思います。ハウジングのサイズ自体もかなり小さいので使い勝も良さそうです。

 

装着感

軽くて小さいということで、装着感はかなり良好です。SENNHEISERのie60とかあの辺の装着感に近いかなと思います。

 

遮音性・音漏れ

小さな空気穴が1つだけ空いていますが、遮音性、音漏れ共になかなか良好だと思います。ポータブルで積極的に使えそうです。やったぜ。

 

音質

開封後とりあえず何も考えずにCAHIというバンドのアイム・ミーという曲を聞いてみました。

この曲、リバーブ深めのラジオボイスから始まるんですが、声があまりにも前から聴こえるので、スピーカーから声出てるかと思って一度イヤホンを外して確認したくらい、イヤホンではなかなか体験したことがないくらい音場が広いです。

左右、前後にかなり広く、分離が良好。遠い音は遠くに、近い音は近くに、立体感がハンパないです。

ポストパンクはキャパ100人のライブハウスの最前列で聴いてるような近さで、シューゲイザーはフジロックのグリーンステージで芝生にゴロンとしているような遠さで。みたいな感じ。イヤホンでこれはかなり面白いと思います。

フラットな感じですが、低音は結構低いところまで出ていて量もあるのでHIPHOPやR&Bを聴くのに低音不足を感じたりはしません。締りや解像度はそこそこという感じ。高音については、曲によってはやや、若干、シャリってることもありますが、基本的にはマイルドにまとまっています。

解像度やキレではなく、バランスと音場の立体感で聴かせるタイプのイヤホンです。

普通のポップス、アイドルソングなんかはもちろん楽しいですし、ロックもいいです。HIPHOPもR&Bもいいです。テクノも最高です。クラシックもイケます。JAZZは古い音源とかでパンニングが極端だとちょっとキツいかもしれませんが、基本的には楽しいです。

 

奥行きの表現、リバーブやディレイの表現が素晴らしいので、これからの季節だとDubとかいいですね。特に重たいDubとか最高です。ぶっ飛び感が素晴らしい。同様にワールド・ミュージックもかなりイケてます。

イヤホンでAmbientとかなかなか聴けないと思いますが、audbos K5ならわりと聴けます。2つ買って一つは寝ホンにするのもアリな気がしています。

 

まとめ

このイヤホンで音楽を聴くと、とても楽しいです。

ポップスから前衛音楽まで幅広いジャンルの音楽が好きな人、スピーカーで音楽を聴くのが好きな人、ライブやクラブが好きな人、に特にオススメしたいかなあ。と思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Up Next:

KZ ED15のレビュー

KZ ED15のレビュー